工場の仕事ってどんなことするの?仕事の内容を紹介

工場の仕事ってどんなことするの?仕事の内容を紹介


工場のライン製造とは

工場の仕事で募集されていることが多い一つめの工程が、ライン製造です。ライン製造はベルトコンベアなどで流れてくる製品の組み立てなどを行うことが主な仕事内容になります。流れ作業で行うのが特徴で、製品が仕上がるまでの組み立ての作業を分担して、一つの工程を複数人で担当することになります。流れを止めないためのスピードが必要になりますが、一人で淡々とこなすことができるので自分のペースで黙々と仕事が出来るというメリットがあります。ライン製造は手作業だけでなく機械を使用して行われることもあります。多くの場合は、学歴や年齢、経験を問わず採用してくれるため、工場での勤務が初めてという方でも挑戦しやすいのも大きな特徴です。

工場のピッキング作業とは

ピッキング作業とは、指示書に従いながら製造している製品の材料や部品、倉庫内に保管してある製品を集め、梱包し出庫するのが主な仕事です。ライン製造と違い、工場内を歩き回ることが多く、扱っている製品によっては重たい物を抱えることがあるため、ある程度の体力が必要になる仕事内容でもあります。ピッキング作業は、保管場所を覚えることで自分なりに効率化を図ることも可能になります。そのため、ライン製造と同様に学歴や年齢、経験を問わないことが多く、未経験でも挑戦しやすい内容となっています。

ライン管理の仕事内容

ライン管理はライン製造の管理を行うことが仕事となります。一定のスピードでそれぞれの作業工程が進んでいるかや、機械などのトラブルが起きていないかなど、工場全体を把握しなければいけません。そのため、ライン管理はそれぞれの工程をある程度経験し、きちんと把握してから配属されることが多くなります。

工場の求人は、生産管理や製品開発など専門的な知識や経験が必要なものや、ライン作業をはじめ体力があれば未経験でも始めやすいものまで色々あります。

Previous post トラックドライバーの求人の選び方!社員ファーストの会社を選ぶ